徳島・鳴門周辺の観光スポット3 鳴門ガレの森美術館など

徳島・鳴門周辺の観光スポット3

とくしま動物園(徳島県徳島市方上町・渋野町)
21万平方mの敷地面積を誇り、80種類約400点の動物を飼育。園内は動物の成育環境を再現した温帯・サバンナ・寒帯の各区と、ヒツジやモルモットなどの小動物とふれあえるこども動物園など5つのエリアで構成され、のびのび暮らす動物の姿を観察できる。ゾウのエサやり(日曜、祝日の14時〜)などイベントも充実。遊園地や植物園も併設し、一日中親子で遊ぶことができる。

ドイツ村公園(徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2)
第一次大戦で敗れたドイツ兵の板東俘虜収容所跡を中心に整備した公園。周辺には鳴門市ドイツ館をはじめ、鳴門市賀川豊彦記念館、ドイツ兵が残したドイツ橋、メガネ橋などがある。

鳴門ガレの森美術館(徳島県鳴門市撫養町林崎北殿町149)
アール・ヌーヴォーナンシー派の指導者として活躍した、フランスのガラス工芸家エミール・ガレの作品を中心にガラス作品100点余りを収蔵。カラー文スフレ花器といった、色や曲線の美しい花瓶やランプ30点余りが展示されている。写真誌の表紙などでも有名な三尾公三の絵画なども展示。

鳴門公園(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池)
うず潮と大鳴門橋のビューポイント。周辺には観潮船乗り場や大鳴門橋架橋記念館エディ、渦の道、公園を一望するエスカヒル鳴門、大塚国際美術館などの観光スポットが集まる。

鳴門市賀川豊彦記念館(徳島県鳴門市大麻町桧字東山田50-2)
ドイツ村公園内にある。大正デモクラシーの先頭に立ち、非暴力の精神で労働運動、反戦運動などを指導した賀川豊彦(1888〜1960)の記念館。世界の平和を願い、理想社会の建設を目指して活動した生涯を、パネル展示などで紹介。賀川の蔵書や関係書籍も閲覧できる。

鳴門市ドイツ館(徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2)
ドイツ村公園の近くにあり、ドイツ兵と地元の人々との交流を記念して建てられた。館内ではミニチュア模型で当時の日常生活を再現。ベートーヴェンの「第九」が日本で初演されたことにちなみ、その様子を実物大の人形で再現した第九シアター(30分ごとに演奏)は、ぜひ見ておきたい。

眉山公園(徳島県徳島市眉山町)
眉山は眉の形に似たなだらかで優美な山。山頂は公園として整備され、晩年を徳島で過ごしたポルトガル人作家・モラエスの記念資料館や展望広場などがある。徳島市街や吉野川、晴れた日には大鳴門橋や淡路島まで見渡せる。

古庄藍染處(徳島県徳島市佐古七番町9-12)
徳島で江戸末期から代々続く藍染工房。6代目主人は長年途絶えていた絹の藍染めに成功し、労働省の表彰を受けた。1日4回、3〜4日繰り返し染めて、はじめて鮮やかな色が出る藍染め作業の一端を見学できる。藍染め体験(ハンカチ1000円)は事前に予約を。

妙見山公園(徳島県鳴門市撫養町林崎)
鳴門市街を見下ろす、標高60mの山に整備された公園。中腹に鳴門ガレの森美術館があり、山頂には世界的に著名な考古学者・人類学者の鳥居龍蔵博士が収集した、貴重な資料を展示する鳥居記念博物館が天守閣を模して建てられている。

モラエス館[眉山公園](徳島県徳島市眉山町茂助ケ原)
眉山山頂にあり、妻の故郷・徳島を愛したポルトガルの文人、モラエス(1854〜1929)の作品や遺品を展示。所要20分。


徳島県 鳴門・徳島市内・小松島 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
鳴門・徳島市内・小松島 楽天トラベル格安宿泊ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。