阿波踊りの今後の課題

阿波踊り期間中には、毎年多くの観光客が徳島市を訪れる。しかし期間中の徳島市は宿泊施設が不足し、大半の観光客は22時半の演舞終了とともに徳島市を去ってしまうという(徳島県商工労働部観光戦略局観光企画課)。その例は以下のとおり。

京阪神方面からの観光客 - 大鳴門橋・明石海峡大橋経由でその日のうちに帰宅。
香川県・愛媛県方面からの観光客 - 高松自動車道・徳島自動車道〜松山自動車道経由でその日のうちに帰宅。また、伊予西条駅までは臨時特急「阿波踊り号」も利用できる。

その他の遠方からのツアー - 阿波踊りを見学後、その日のうちに香川県へ移動しそこで宿泊した後、翌日、讃岐うどんの有名店をめぐる。

このように「地元に金を落としていかない」観光客のあり方は、地元観光業界にとって悩みの種である。市内だけが便利すぎる交通設備を持ってしまったが故の皮肉な結果といえる。また近年、四国の高速道路網が充実しつつあるのも「すぐ来て、すぐ去る観光客」を生み出す遠因になっている。

たとえ宿泊施設を作ったとしても元々観光に対して積極的では無かった為にこの阿波踊りの時期以外に観光する場所や観光地の受け入れ態勢が少なく、普段から宿泊してもらえない為宿泊施設を維持できないという問題点もある。これは以前からの問題であったが、交通の便が良くなった事でより鮮明になったと言える。

2007年はさらにこの傾向が顕著に現れ盆が比較的平日寄りに重なったこともあり無料演舞場周りや市内周りのツアーが多数組まれたことから有料演舞場の多くで空席が目立ち、メインステージの1つである徳島市役所前の演舞場に至っては座席の殆どが埋まらないといった有様で「誰でもどこでも参加でき、観覧できる」という部分が完全に仇となった形となった。

一方で「やっこ踊り」等のように場所を取るが見せ場のある踊りは有料演舞場向けとも言え、今後有料演舞場の価値をどのように上げるかが課題となっている。

もともと有料演舞場については「誰でも好き勝手に踊っていたのがルーツなのに、どうして金を出してまで見る必要があるのか?」といった反対意見が今でもあり、街中で見る方が臨場感が高い事から徳島県民のほとんどは有料演舞場で見る習慣が無い。

ただ最近はチケットの販売箇所が増えた為、当日来た県外客がチケットを入手できず「見たくても見られない」状況では無くなっている。「街中と同じ踊りなのに、料金が高い」との声もあり、観客動員数を増やすには今後の鍵となりそうだ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。