値段も安いので、仕方がないのかもしれませんが!ビジネス旅館 あかいし

徳島県 鳴門・徳島市内・小松島 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
鳴門・徳島市内・小松島 楽天トラベル格安宿泊ランキング



ビジネス旅館 あかいし
素泊まり3000円〜超お得。素泊まり大歓迎、ビジネスに便利。
徳島県小松島市赤石町

【観光スポット】
金長たぬき像
江戸時代の末頃、日開野に金長という狸が住んでいました。ある時、村の子供達が枯葉を燃やし、穴の中の金長をいぶり出して苛めていると、日開野の染物屋「大和屋」の主人・茂右衛門が通りかかり、哀れに思って命を助けた。
金長は、恩に報いるため「大和屋」に移り住んで、守り神になり、店に大いに繁盛した。金長はその後、津田浦の六右衛門という狸の世界の大物の所へ弟子入りしたが、六右衛門は人をだまして物をとる、とんでもない狸だった。やがて、頭の良い金長の才覚に目を付け養子になれと誘ったが、金長が拒否し逆に六右衛門のやり方を注意した。怒った六右衛門は金長とその家来を、60匹の軍勢で襲った。
辛うじてひとり日開野へ逃れた金長は仇討ちを誓い県南の狸に呼びかけ、六右衛門討伐の兵を挙げた。この戦いを「阿波狸合戦」という。金長軍が死闘を制した。金長は六右衛門に一騎打ちを呼びかけ、激闘の末、六右衛門を討ち取った。しかし、自らも致命傷を受け、せめてご主人の茂右衛門に別れを告げようと、日開野に帰ってきた。
苦しい息の下、金長は茂右衛門に優しくしてもらった礼を言い、静かに息を引き取った。彼の生き様に感激した茂右衛門は、正一位金長大明神として長くまつったという。(金長たぬきの伝説)狸像の前で手をたたくと滝が流れる。

【小松島市のグルメ】
呑み食いや 旬菜
寿し・焼とり・魚・家庭料理等多彩に取り揃えております。
地元の新鮮な魚となじみ深いおふくろの味を求めて種類多く取り揃えています。冬期のみ鍋料理もしています。魚だけにこだわらず、牛しゃぶ・すきやき等、できるだけ御要望にお応えできるように心がけております。日替りの単品メニューで来店されるたびに違うものも食せるように準備しています。

お客様の声
出発直前の予約で、他に空室がなく、値段も安いので、仕方がないのかもしれませんが、タバコ用消臭剤のにおいが強烈でした。アレルギーのある方は注意が必要でしょう。それと、浴室の壁の上にあるすりガラスの窓の目的が分かりません。何となく気持ちが悪かったので、風呂は使いませんでした。


⇒ビジネス旅館 あかいしの宿泊プラン


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。